投資法を確立する


株への投資で成功しているすべての人はそれぞれ投資法を確立しています。何となく儲かりそうという理由だけで判断していません。株で成功するためには少しでも早く確固たる成功する投資法を見つけるべきです。

投資法と言えば難しく感じるかもしれませんが、投資ルールを決めるという事です。これがこうなった場合に購入する。こうなったら売却する。稼げる取引のルールをきちんと決めておくことが重要なのです。闇雲に購入すれば良いという訳ではありません。

そのルールの材料が経済指標でも、チャートの中から探し出してでも構わないからとにかく稼げるルールを作ることが先決です。株が上がる下がるで一喜一憂せず、その投資ルールが稼げるか稼げないかが投資では重要になってくるのです。

すでに稼いでいる人から


「稼げる投資ルール」。これは投資するなら絶対に知っておくべき最重要項目ですがそれはなかなか知ることが出来ません。それもそのはず、これを知ればあなたは億万長者になれるくらいの貴重な情報です。簡単に世の中に伝わるものではありません。株で稼ぐための肝なのです。

しかし、それらの情報が公開されているものもあります。もちろんタダではありませんがすでに稼いでいる人の投資ルールを知ることが可能なのです。出来るだけ詳しくその手法、ルールを掲載されているものを手に入れ自分の投資ルールに付け加える必要があります

稼いでいるルールなのですからその法則を手に入れることが出来れば限りなくあなたも稼げる投資家の仲間入りになる事でしょう。実績のある投資家、信頼できる投資家の売買ルールを探しましょう!

ただし、有料でそれらのルールを知ったとしてもその通りにすれば必ずしも期待する利益が出せると考えるのは早計です。間違いなく稼いでいるルールであることを大前提としてもすべてのルールを提示している訳ではないと疑う必要もあります。

稼いでいる売買ルールを基盤として自分なりにさらに色づけしてより良い投資ルールを作り上げていく必要があると思います。その為の基盤で一つ確固たる投資ルールを手に入れるべきだと思います。

キャピタルゲイン、これを目的にしよう


株式投資の世界では難しい言い方をしてますが、要するに売買で得る利益を指します。安い株を買って高く売る、あるいは高い株を空売りして安く買い戻せれば、その差額がキャピタルゲインです。対比されて使う言葉にインカムゲインがあります。これは株の長期保有などによる配当や優待で得る利益を指します。

株式投資では、受けられる2種類の利益があるわけです。どちらも利益ではありますが、楽しいのはキャピタルゲインでしょう。株式投資をするなら、この醍醐味がなくてはあまり意味がありません。と言うのも、 配当などは得られてもたかだか年5%くらいのものなのです。

キャピタルゲインは、利益率の桁が違います。5%くらいの利益なら、わずか1日で得られる場合もあります。それはもちろんその代わり、わずか一日で逆に−5%の場合だってあります。ですから、株式投資ならではのキャピタルゲインを得るには、勉強が求められるのです。

メリットばかりに目を奪われて、大事な資金を簡単にはつぎ込めないのです。キャピタルゲインを得るのにギャンブルもどきの投資をしていては、資金は減るしかありません。

勉強してテクニカル分析やファンダメンタルズ分析が出来るようになったとしても、それだけで自信を持ってはいけません株価は教科書どおりには動いてくれません。確かな経験に基づいた取引センスが最後の決め手になります。

状況に応じた瞬時のリアクションが優れているかどうかで、キャピタルゲインの行方は決まります。それは短期トレードであれば、なおさら違いとなってきます。中長期トレードであれば、そうまでなくともある程度はキャピタルゲインは堅実に狙えます。しかしながら、中長期で狙えるキャピタルゲインは年10%、良くても30%程度にしかなりません

以上は一般論であって、誰が買っても株は上がる時には上がります。そういう相場も時としてはあります。下がる時には下がります。キャピタルゲインは時の勢いに乗じさえすれば、簡単に手に入ることもあるのです。


チャートから稼ぐ売買のタイミングが見える眼から鱗のテクニック