移動平均線


株取引で必ず扱わなければならないデータは、主に「テクニカル分析」を活用して処理されますが、そうした数あるデータの中でも、非常に重要な意味を持ってくるのが、「移動平均線」と呼ばれるグラフです。「移動平均線」は、もともと統計学的なテリトリーで主に用いられていましたが、近年では株取引をはじめとする相場の分析に用いられるケースが圧倒的に多くなっています。

移動平均線とは、一定期間の株価の平均値をグラフでつなげたものです。ただ、単一のスパンではなく、基準となるスパンは大きくわければ「長期」、「短期」で分けることができます。長期スパンで見る移動平均線を、そのまま「長期移動平均線」、短期スパンで見るものを「短期移動平均線」とそれぞれ呼びます。

「長期移動平均線」は、週足では26週線、日足では25日線、日中足では4時間線を示すことが多く、「短期移動平均線」は、週足では13週線、日足では5日線、日中足では1時間線を示すことが多いです。特に、長期移動平均線から傾向を読み取り、株価のトレンドを探る際には役立つと考えられています。

また、これらの移動平均線は、いわゆる「ゴールデンクロス」、「デッドクロス」などの、トレンドの転換点を探る上では非常に重視されます。ある程度キャリアを積んだトレーダーさんであれば、週足のテクニカルチャートを見ればすぐにこれらの重要ポイントを見つけることができるようになるはずです。

移動平均線はテクニカル分析の第一歩


移動平均線とは、一定期間における株価の終値の平均値をライングラフにしたものです。テクニカル指標の初歩です。単純移動平均線加重移動平均線指数平滑移動平均線の3つがあります。普通の一般投資家に使われているのは単純移動平均線だけです。移動平均線によく使われている期間は日足では5日,25日,75日、週足では13週,26週、月足では12ヶ月,24ヶ月の移動平均線が使われてます。

移動平均線には次の5原則があります。これだけ覚えておけば、大きな失敗は無いとも言われてます

1.移動平均線と下値抵抗線と上値抵抗線との関係をチェックして、トレンドの方向性を見極めます。

2.短期、中期、長期で株価の位置を比較して、今後の株価の方向を予測します。

3.ゴールデンクロス、デットクロスは中長期の方向にも注意を要します。中期移動平均線を短期移動平均線が下から上へ抜くとゴールデンクロスと呼ばれ、買いポイントとされています。中期移動平均線を短期移動平均線が上から下に抜くとデットクロスと呼ばれ、売りポイントとされています。

4.移動平均線が右肩上がりですと、ローソク足はその上にあるものです。この時、株価が下がってローソク足が移動平均線に付いたら買いポイントとされています。これは投資家が強気でいる上昇トレンドにあって、株価が下がれば買いたい投資家の買いが入るからです。

さらに、高値で買ったままの投資家は株価が下がって利益が減っています。しかし、また上がるまで待ちたいので売りは入りにくいからです。移動平均線が右肩下がりですと、ローソク足はその下にあるものです。この時、株価が上がってローソク足が移動平均線に付いたら売りポイントとされています。この理由は上昇トレンドの場合と反対のことが起こるからです。この投資家の投資心理を利用した予想は、比較的信ぴょう性は高いものです。

5.持ち合い相場では、方向が定まりません。ダマシが多くなりがちなので参考になりにくいです。

ゴールデンクロスとデッドクロス


FXやバイナリーオプションの世界でもそうですが、株取引の世界においても、やはり「専門用語」に悩まされているという人が少なくありません。今回は、そういった「専門用語」の解説になりますが、そんなに難しい話ではなく、なおかつ非常に重要な用語になりますので、ぜひ内容を理解していただきたいと思います。その用語とは、「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」です。

テクニカルチャートを分析する際に重要になるのが、「移動平均線」と呼ばれる、一定期間の値動きの平均値を表す折れ線グラフです。この「移動平均線」を、ある程度の長期スパンでとったときと、ごく短期間でとったときとを比較するという作業が、チャート分析では非常に重要になってきます。

ゴールデンクロスとは、ある程度の長期的スパンの移動平均線を、ごく短期的な移動平均線が上回る(追い越す)タイミングを指します。グラフをイメージしていただくとわかりやすいのですが、長期的な移動平均線は、グラフの上下が緩やかになります。これに対し、短期移動平均線は、上下が急激になります。ですから、この両者のグラフが交差する部分が必ず現れます。このとき、長期移動平均線を短期移動平均線が追い越すタイミングが「ゴールデンクロス」になります。

これに対し、「デッドクロス」というチャート上のタイミングも、ぜひ理解しておいていただきたいと考えます。「デッドクロス」は、「ゴールデンクロス」とはまったく逆で、長期移動平均線を短期移動平均線が下方に追い越すタイミングのことです。

この「ゴールデンクロス」が一般的に「買い」のタイミングになります。そして、「デッドクロス」は「買ってはいけないタイミング」、もしくは「空売り」のタイミングということになります。勘違いが多いのが、「デッドクロスは売りのタイミング」という考え方です。デッドクロスはあくまでも「買ってはいけないタイミング」であって、「売るべきタイミング」とは異なりますので、注意が必要になります。


チャートから稼ぐ売買のタイミングが見える眼から鱗のテクニック