勝負に出ました

ここで、とある大手自動車株を購入しようと決意しました。そろそろ下げ止まりだろうと。普段大体6,000円くらいの株価だったんですけど、その時は5,000円を切るくらいだったんですよね。最低単元は100。どうしようか迷いました。ただ、きっと上がるだろう。それを見越して、4,950円の時に300株購入したんです。大体150万円くらいですか。その時のほぼ全財産ですね(笑)

大手ですから、もしこの先下がってしまったとしても、また寝かせておけば上がるだろうと。さすがに上場廃止になんてならないでしょうからね。それがです。目論み通りといいますか。少し下がったものの、再び息を吹き返したんですね結局その株は6,450円まで上がりました

タイミングよくそこで売りました。都合30万円くらいの儲けでしたね。こうした展開ばかりであれば株取引も良いんですけど、やっぱりこの間は本当にハラハラしましたよね。「大手株だから大丈夫」っていうのは、そう発する事で自分自身に言い聞かせていた部分もあったでしょうからね

また、儲けると、何でしょう。「癖」ですかね。勝ち癖って大切なんじゃないかな〜って思うんです。おかげで、以降、再び勝ち機運に乗る事が出来たんです。
朝一での購入して数分、数十分後には売る。この自分の「十八番」の戦法が戻ってきたんです。やっぱり株取引もそれなりに思い切りも大切なんだな〜って思いましたよね。うじうじしていては駄目なんです(笑)

もちろん続けています

その後ももちろん株取引は続けています。やっぱりお金は好きですからね。
ただ、それまでのように毎日チェックするよりも、大手株を購入して動向を見ている程度です。

というのも、毎日のようにチェックするのは本当に気が滅入るんですよね(苦笑)株価が下がるって事は自分の資産も減ってるって事です。株価が上がっている時だって、もう下がるんじゃないかって危機感は常にありました

でもこれって、結局株取引を辞めない限りは必ず感じるものですよね。この恐怖から逃げる人は、株取引を行う資格が無いって事でもあると思うんですよ。でも儲けたい。その妥協案って訳ではないんですけど、大手の株を保持しています。

もちろん全額ではなく、ある程度余力も残しています。変動はしますけど、じりじりとではありますが上昇していますしね。このくらいのペースで行う株取引が一番心臓に良いのかもしれません。

何せ自分が行っていた株取引は、心臓に悪いものでした。ただ、それもまた、楽しいものだったのかもしれませんけどね。だから株取引で必要なのって、情報収集力はもちろんですけど、それ以上に覚悟というか。多少資産が減っても「何てことはない」って思える精神力というか経済力と言うか…

それがあればきっと株取引も問題なく楽しめると思うんですけど、それを持っている人ってそうそういないと思うんですよね(苦笑)これから株取引を行う人に言いたいのは、甘いものだけではないって事ですよね。


チャートから稼ぐ売買のタイミングが見える眼から鱗のテクニック