ちまちまコツコツ、デイトレで

利益確保の瞬間、ドーパミンが噴出します。トレードが止められないのは、このホルモンのせいではないでしょうか?悪く言えば、昨日テレビでやってたギャンブル依存症のメカニズムと同じなのかもしれません。でも、これは生物学的に自然の摂理になっているのです。それに逆らっては体を壊してしまうのも、想像に堅くはありません。

デイトレでチェックするのは、その日その時間のチャート上の株価の位置、板の状況などだけです。知識よりも運動神経、カンの良さがものを言います。僕は「慣れてしまえば、これの方がいい」と思いました。その日のうちに手じまいしますので、翌日の暴落なんかの心配もしなくて済むのです。

その日も登録してあるウォッチング銘柄の5分足を、じっとにらめっこしてました。
上がり過ぎた瞬間、売る、下がったら買う。下がり過ぎた瞬間、買う、上がったら売る。これが間違いなく出来れば、苦労はありません。

とりあえず5分足しかチェックしてません。その中になぜか急上昇した銘柄がありました。そこで日足をチェックすると大まかな流れ的には、下降局面なのです。「これは上がり過ぎだろう?」と念のために週足もチェックすると同じく下降中でした。

特別なニュースがあればチャートもとりあえず壊れがちではありますが、これは実際はなかなか分かりません。出てなくてもヤフーの掲示板ですと情報を出してくれている人もいますので、そちらも見ておきました。それでも何もありませんでした。買い板が妙に厚くもありませんでしたし、売り板にはキリのいい値段に厚い板がありました。後は運を天に任せて空売りを仕掛けたのです。

そこから順調に下がって含み益が少し出ると、今度はドーパミンが僕に利益確定の誘惑を仕掛けてきました。誘惑に耐えられない僕は、そこそこに利益確定しました。わずかと言っていいのか、5,000円くらいのプラスになりました。こんなお金でも毎日取れたら、結構なお金になるのではありませんか?

個人の投資ブログは練習台になる

今ではいろんな投資家がネット上に好き勝手なブログを垂れ流しています。これは、あながち否定するものではありません。そもそも個人は「何のために投資ブログなんか流しているのか」これを鑑みてみましょう。誰も銭にもならないのに、貴重な情報や今日のトレード結果とか載せるはずもありません。アフェリ収入はあるかもしれませんが、そんなに当てにしている人は少ないのではないでしょうか。
それは、自分自身のために書いているのです。他人様に公表する事で自分の腕を磨いているのです。内にしまっては反省したつもりでも、同じ失敗を繰り返してしまうのが人間の悲しいところなのです。

そう思った自分は、アクセスの多い人気のあるブログから覗き始めました。これも投資顧問と同様に探せばキリがありません。そうこうしているうちにどこでどう見つけたのか、商売っ気の無さそうなあるブログに目が留まりました。特に人気があるブログには入っていませんでした。誤字脱字も頻繁に見受けられる怪しいブログではありましたが、その方の予想と結果を比べると納得出来たのです。

いかにも適当な文章なので、逆にはずれた時に嫌な気がしないところも良さでしょう。「○○は底を確認、反発の開始です」こんな感じです。こちらも最初から疑い目線で参考に出来るのです。「お勧め通りに買ってみるけど、もしもはずれたらこうしよう」と決めてかかれるのです。おかげで予想は見事に外れて損失もありましたが、大きくはなりませんでした。これが大切です。

株の世界で損失は当たり前です。それをこのように小さく済ませた損失は、成功談として取り上げるべきものなのです。この認識は身を救います。目先のマイナスを素早く確定して、さよならしてしまうのには最初はネルギーが必要です。それが出来れば正しい判断力も育るのです。今でも、それなりに育った実力を補佐する参考情報として重宝しています。「一見、いい加減そうなブログ」でロスカットの練習をお勧めします。

ニュースよりチャートを信じて

17:00の決算発表で意外な好業績が公になって、翌日の寄り付きが高い事があります。そのまま今後に期待して上昇するのは、思いきやで終わったりもします。これが材料出尽くしと言うパターンで結局、チャートが呼んでるような位置に落ち着く事のです。この性質を生かして一儲けした事があります。

ウォッチング銘柄の中にその銘柄はありました。その日の寄り値が不自然に高かったのです。「これは何か材料が出たのか?」とニュースをチェックすると、やっぱりありました。「今期決算が前期の予想から30%増えた」とかだったと思います。これくらいのサプライズならまあ、ほどほどにある話です。

チャートが崩れてしまうような高値で寄り付いたのですから、これは追いかけるべきなのです。チャートは基本ですが、実際に資金を投入するにはチャートだけでなく、一応、いくつかの指標もチェックしてからにしています。賃借倍率も高く、出来高もそこそこ、板を見ても上値は厚い、ボリンジャーバンドもストキャも高過ぎを示して全体にいい感じでした。高値で寄ってから数分の間、そんなチェックをしてました。

その間、小刻みに上下に揺れてるだけだったのです。「このまま上昇するには力不足」とばかり、ここで空売りを仕掛けたのです。すると、狙いはピタリと的中しました。株は下がる時は早いものです。快感的には上昇を狙って成功した時よりは遥かに良いものです。まさに真っ逆さまと落ちて行きました。25日線のちょっと上まで落ちたところで「もういいでしょう」と利益確定しました。

大体、30分で5万円儲けたのです。冷静に見て時給10万円ですから納得出来ました。しかし仮に資金が倍あれば、10万円の収入になったはずです。分かりやすい場面だっただけに大きく投入出来たはずです。儲けて喜んでばかりではなく「資金管理が大事、資金を減らさない事は身を助ける」と反省も忘れませんでした。「買って兜の緒を締めよ」です。


チャートから稼ぐ売買のタイミングが見える眼から鱗のテクニック