大手中心に…

ここで、原点回帰っていうと大げさかもしれませんが、潰れる心配の無い大手株に狙いを定めてみたんです。大手と呼ばれている所ですと、リスクはそこまでないだろうと。確かにリスクは軽減したでしょう。潰れる心配もありませんし、企業としてのブランディングも申し分ないんですからね。

ですが、大手と呼ばれている企業の場合、安定株とでも言えば良いのでしょうか。リスクが少ない分、リターンも少ないんですよね。長期的なスパンで見ればとっても魅力的だと思うんですよ。これ以上にないくらい。ただ、自分が求めているのは長期的なスパンではなくて、短期間で儲けられるような株取引なんですよね。

誰もが知っているような大企業の株ですと、出来高は多いんです。でも、午前中であってもあまり動かないんです。新進IT株なんか取引開始15分で信じられないくらい乱高下するんですけど、大手の場合、そんな事もないんですよね。だから結局、朝に購入しても、大きな利益を得られるような額の儲けが出ないんですよね。良いのか悪いのかは解りません。

ただ、自分の求めている株取引ではないですよね。長期運用で、配当とか株主優待券を求めている人にとっては、こうした安定株っていうのは本当に魅力的な株だと思うんですけど、でもデイトレーディング志向の強い自分にとっては、こうした大手株は何かが違いました。ただ、ここでの取引でもあまり儲ける事が出来ないとなると、自分はもう株取引では利益を出せないのではないかと思うようになってきました。

やっぱり大胆にと思ったら…

利益の出ない展開が続きました。ここで大胆にと思ったら、今度は日経平均がだだすべりと言いますか(苦笑)それまで、特定企業の株は下がったりでしたけど、全体的に見れば上昇機運に乗っていたんです。実際、自分の損益はともかく、日経平均に関してはじりじりとではありますが、上昇していましたからね。だからこそ希望を抱いていたとも言えるんですよね。

自分の見る目は悪いかもしれないけど、基本的に相場そのものは上がっている。これはやっぱり心の拠り所でしたよね。それが日経平均が毎日のように低下していっていると、もう自分自身のスタイルなんて見失っているというか。

投資家のベテランであれば、このような時には信用売りにでも走るんでしょうけど、自分は信用取引だけは辞めようと。信用取引を行ってしまったらどうにもならないだろうって思っていましたから、相場が下落している時には、とりあえず落ち着こうと

何をするでもなく、相場を見ている期間に入りました。株取引は必ず毎回行わなければならないってものでもありませんしね。自分の好きなペースで行えば良いのですから。ですから日経平均が急に下落し始めてから2週間くらい、この期間はいわゆる「静観」に努めました

それは、以前のような現実逃避ではなくて、しっかりと考慮したうえでの静観とでも言えば良いのでしょうか。これなら大丈夫だろうって思いました。ただ、チャンスは逃さないようにしようと。下がっているという事は、普段は買えない株を購入出来るチャンスでもあるんですから


チャートから稼ぐ売買のタイミングが見える眼から鱗のテクニック