急落していきました…

当たり前ですけど、450,000円からもっと上がるだろうと思っていたからこそ購入したのですが、自分が購入してからじわりと株価が下がっていってしまったんですね。これはよくある話ではあるんですけど、額が額なだけに、自分にとってはかなりのダメージなんですよね。

450,000円で購入したその株、一週間もしないうちに40万円台を切ってしまったんです。この時点で自分としては50,000円くらい損をしている訳ですからね。もう気が気じゃないんですよ。どうしようかと。しかもです。全然上がる気配もなくて、こればっかりはさすがにどうしようか迷いましたよね。

初めての損切りかとも思ったんですけど、やっぱり損はしたくないって思ったんです。でも現実的に株価は下がっているそこでです。いわゆる追加購入したんです。33万円の時に購入して、これで平均取得額が39万円になったんです。450,000円の株が330,000円になっているのも驚きですけど、追加購入するために、結局銀行から証券口座にお金を移動する事になりましたからね。

50万円だけでって決めていたのに、株価の急落であっさりと撤回(苦笑)。とにかく少しでも上がってくれと。追加購入してからは横ばいが続いていたんですが、どうにかならないものかと本当にやさぐれていました。

結局追加購入しても、株価が上がらなければ自分自身は損をする事になりますからね。この事実は変わらないんですから、株価が上がってくれる事を祈るばかりでしたよね。

寝かせました

せっかく買い足したものの、30万円前後を行ったりきたり。状況次第では20万円台にまで突入してしまったりもして、本当にどうしたものかと。これでは買い足したものまで損失になってしまっている状態ですよね。もう自分の力ではどうにもならないと買い足そうかとも思ったんですけど、買い足しても株価が高まるって保障なんてどこにもないですからね。

その銘柄の情報を集めていたら、株のコミュニティではもっと下がるだろうみたいに言われていて。もちろんそれらの声だってただの推測でしかないんでしょうけど、とにかくこればかりはもうどうにもならないなと。少し寝かせようと一日一回だけ株価をチェックしたら、後はもう何もせず。15時に株価をチェックするだけ。それが一ヶ月くらい続きましたかね。もうどうにもならないだろうと。そんな時、ふと株価が高まりだしたんです。

徐々にではありますけど、株価が高まりだして。二週間くらいで35万円まで戻ったんです。これは自分でもびっくりしました。その後もぐんぐん高まっていき、なんとびっくり、40万円台にまで突入してくれたんです

これには本当に驚きました。この時点で、なんとプラスになったんです。ただ、人間って欲深いですよね。それまではなるべく損失を低めに…とか思っていたんが、こうやって高まってくると儲けたいって思いが出てくるんですよね(笑)。結果その証券会社の株価は475,000円で売る事が出来たんです。平均取得額が39万で2株ですから、17万円ほどの黒字になったんです

一つ覚えました

結果的に黒字にはなったものの、ほとんど奇跡のようなものですよね。ここで一つ覚えたのは、身の丈に合った株取引をしようって事です。総資産60万円弱の人間が、いきなり450,000円の株を買うっていうのはちょっとおかしな話だなと、実際買い足す事で事なきを得たとは言え、30万円少々追加投入する事になってしまったんですからね。

ですから、これからは高額な株ではなく、さらには全額一気に突っ込むのではなくて、余力を残そうと。万が一を考えて、余力を残して株取引を行おうと。後は株の世界の事をあれこれ勉強しましたよね。

株の銘柄なんて無数にあるじゃないですか。そこからいろいろな事を加味するのは当たり前なんですけど、とりあえずさっきの話ではないですけど自分の身の丈に合ったもの。後は短いスパンで取引を行おうと中長期的なスパンではなくて、どちらかと言えばデイトレードに近いような取引を行おうと

それこそ数千円でも利益は利益です。月収にしたら20万円も行かない人間からすれば、数千円だって大金ですよね。「株取引」って事で勝手に夢を見て、「大金を得なければ」なんて思ってしまったんですけど、数千円程度の利益でよいからコツコツと積み重ねていこうと。

この作戦のため、株価が低く、それでいて出来高が多くて株価がそれなりに変動しやすい株。これを狙っていこうと。結局株取引の利益って資金力次第ですからね。自己資金がこの時点で100万円前後。数千円の利益だって悪くはないですよね。


チャートから稼ぐ売買のタイミングが見える眼から鱗のテクニック