何が好材料なのか、知るべし

株の世界での好材料とは、株価が上昇する見込みのあるニュースのことです。「グッドニュースが出た」とか言わず「好材料が出た」と言われてます。具体的には、人員削減などのリストラ策の発表があります。それは営業実績が上がってないのが原因だからマイナスと見てはいけないのです。リストラの結果、今後その企業の利益率が上がるものと見込まれるのです

良好な決算の発表もそうです。特に来期の見込みなどが予想を上回っていれば、株価上昇にも期待出来るでしょう。他に代表的なものとして、増配があります。株主になれば、配当金が増えるのです。自己株式の取得なども好材料とされています。これにより株式の需給状況が改善されると見込まれるからです。優良企業の買収も一般に好材料です。企業の収益性が上昇すると見込まれるからです。

ところが、株価の上昇は見込みだけの場合もあります。株価は100%教科書どおりに動くものではないのです。市場の判断は、蓋を開けてみないと何ともいえない部分があります。何が好材料なのかは、見解の分かれる場面も数多くあります。実際にはニュースの株価に与える影響については、奥深いものがあるのです。

一般的には好材料は企業の経営的には好材料なだけです。株価的には好材料なのかは、全く別の問題と認識してしかるべきなのです。好材料が出たからと言って、単純に買うことだけは絶対ないようにしましょう。一歩引いて株価的な視線を養わなければ、この世界は生き残れないのです。

業績修正で株価はどうなるか

上場企業は、通期、半期、四半期の各期において業績を発表することになっています。発表は、新聞始め、各証券取引所のサイトや株式関連のサイトなどで行われています。東証であれば、適時開示情報閲覧サービスにより公表されています。

企業の年度決算は3月が中心で、その場合、決算発表は通常5月頃になります。ここで良い数値が出れば、株価も上昇するわけではありません。市場が既に予想していた数値の範囲内あれば、上昇しない場合が多いのです。この場合「織り込み済み」と表現されて、むしろ下降したりもするのです。良い決算だからと、迂闊に飛び乗らないことが大切です。

上昇の判断が出来る場合としては、100円前後の単価の安い銘柄に配当が出たり赤字が黒字に転換したりした場合です。このような情報を正式発表を待たずして他人より早く入手出来れば、まず利益は堅いでしょう。一般人にそれは無理な話ですから、発表で動いていては概ね手遅れとなります。

発表の前に情報を仕入れるには、常日頃からそのような情報に敏感になっておくことしかありません。雑誌、新聞、ネットなどで黒字化や復配予想の情報に目を通しておくのです。実際に仕込むのは、決算発表日の1ヶ月以上前くらいの一旦安値に調整した頃が仕入れ時です。大体、好決算の銘柄はその1ヶ月くらい前から少しずつ上昇していくからです。どこからか情報が漏れているのでしょう。

そして正式に発表される日の前日に利益確定をするものです。発表内容は実際はどうなるか、それによって株価はどうなるかは予想出来ません。黒字化や復配も結局、噂だけで終わったりもします。その際の暴落は激しいものがありますので、安全を第一に考えるべきなのです。

逆に黒字だったのが赤字化すると、株価はしっかり下降します。ですが、それもほどほどのところで落ち着くものです。安くなったところで、また出直しして将来を期待した買いが入ってきます。それは赤字でも、赤字の内容によって違ってもきます。リカバリー出来そうな内容であれば、しっかり買うタイミングになるのです。

材料出尽くしにショックを受けるかも

好材料が正式に発表されたその日から株価が上昇するなら、話は簡単です。誰でも株で儲けられるはずです。ところが、そんな人は周りを見てもなかなかいないはずです。むしろ、好材料に飛びついて何も考えずに理屈のまま買った人の多くは損失を出しています

ところが、その材料を発表前から知っている人もいるのです。そのような人は好材料の発表前から少しずつ安い価格で買っているのです。そして、正式発表で何も知らなかった一般の人が勢い良く買ってくれるのです。結果、一時的には株価は上昇します。安く買っていた人は、そこで売りを仕掛けて利益を確定するのです。すると、株価は一気に下降するだけです。

高値で買ってしまった人は、ロスカットも出来ずそのまま塩漬けにしたりするものなのです。もうこれ以上の好材料が出るはずもありません。そこでこれを「材料出尽くし」と言うのです。これは、悪材料が正式発表された場合にもあてはまります。悪材料にもかかわらず、材料で尽くしで上昇するのです。

この場合も同様に、情報の早い人が先に売っていたから株価はじわじわ下降していたわけです。全体の相場が上昇傾向の場合は、悪材料出尽くしは顕著に現れやすくなります。こうしてみると、好材料だったら株価は上昇、悪材料なら株価は下降とは言えないのです。自分の情報などは、遅いもので大してあてにならないものなのです。一般人のままでは儲けられません。投資家として他人の上を行かねば、儲けはないと思うべきです。

株式分割で株価上昇を期待

ある銘柄の株を2,000円で100株持っていたとします。この株が2分割されると1,000円の株を200株持つことになります。企業は時々、このような分割をすることがあります。その目的はいろいろあります。

・単価を下げ株数を増やして、流通量を上げる
そうすると売買が成立しやすくなって売買量が増えます。株価が安くなれば、今まで買えなかった人も買えるようになります購入対象者が増えれば、株価の上昇も期待出来るでしょう。これを流動性が高まると言います。人気銘柄であるけれど、1株50万円もすればなかなか買う人は限られています。それが10分割でもすれば、株価はたちまちに暴騰することもよくあります。

・配当金が増えることがあります。
配当金は、1株いくらと決められています。株主としては、分割すれば持ち株が増えますので、配当金も増えることになります。仮に2分割なら2倍になるのです。1株当たりの金額としては実質、増額になることになります。

・持ち株も売買しやすくなります。
株数が増えますから、今までまとめてしか売買出来なかったのが、一部だけ売ってしまったりなどと言う対応が可能になるのです。1株しかなかったのが、2株になればそのうちの1株だけ売ってしまえるのです。

以上のように株主にとっては、メリットばかりです。好材料として取り上げられるものです。ただ企業にしてみれば、それなりの手間はかかるようになります。株主が増えれば株主総会の準備だけでも、負担が増えるのです。


チャートから稼ぐ売買のタイミングが見える眼から鱗のテクニック