意味が解りませんでした

その株が100円だったので、かなり奮発して15,000株購入したんです。もう「慎重に」なんて言葉はどこかに吹っ飛んでいますよね。ちょっと目立つかなとも思ったんですけど、そこは出来高も多いですから大丈夫だろうと。2円高くなっても30,000円儲かる訳じゃないですか。もうそれで十分だと思っていたんですね。そしたら何と、自分が買った値段が最高値だったんです。

しかもその日から連日のストップ安。一種間もしないうちに、50円にまで落ちてしまったんです。これには正直参りました。ガンガン下がっていくんです。朝の取引すらやる気が起きなくなっていたんですよね。2円上がれば30,000円儲けるってお話しましたけど、それは2円下がれば30,000円損するって事でもありますからね

それが何十円って下がったんです。スマートフォンからログインして、常に赤字でマイナス額が表示されているのがもうプレッシャーでプレッシャーで…。そこで思いついたのが、しばらく寝かせようと。以前それで奇跡の大逆転を成し遂げた奇跡の証券株。あれの再現を狙って、しばらく寝かせようと。というよりも、しばらく株取引をちょっと控えようと

かなり前のめりになってしまっていたので、クールダウンと言いますか。また高くなるだろうから、その時に戦略を立てようと思って、しばらく一日一回株かをチェックするくらいになっていたんですね。そしたら、株価が表示されなくなってしまったんですよ…

覚悟が無かったんだと

300万円あった資産が一気に半分になったんです。これには自分でも何とも言えない気持ちになりましたよね。ドラマなんかでは株取引に失敗して株がただの紙切れになってしまったって描写を見た事がありましたけど、まさか自分がそのシチュエーションに陥るだなんて想像も出来なかったんですよね。でもそれが現実なんですから、現実は本当に非情なものですよね。

ただ、これって防げた部分もありますよね。やっぱり損切りっていうのは大切だなと。後は、覚悟を持たなければならないって点。株取引は必ず儲けられるものではないですからね。時には信じられない損失を出してしまう事だってあるんです。ちょっと損失になっているからといって目を背けて寝かしたりとか、証券口座へのログインそのものすら辞めてしまうというのは現実逃避以外の何者でもないですよね。

それが身に染みました。株取引を行う以上、損失が出るのは当たり前です。誰も先の事なんて解らないんですから、それは仕方ないんです。でも、その現実に目を背けるのはよくないですよね。だからこれからは現実を見ようと。あとは、こうした情報を後から掴むのではなく、購入する前にどのような会社なのか。最低限これくらいは調べておこうと思いましたね。ちょっと儲けてデイトレーダー気分になっていました。総合的に見ればまだまだ黒字ではありますが、150万円を紙切れにしてしまった現実というのは、何にも代える事が出来ないなと…


チャートから稼ぐ売買のタイミングが見える眼から鱗のテクニック