株を始めた理由

ただのサラリーマンでしかない自分が株取引を始めた理由はやっぱりお金ですよね。社会勉強だとか経済の事を知りたいとかじゃなくて、お金儲けのための方法を探していたら株取引の事を知ったといった所でしょうか。

もちろん株がどのようなものなのか、名前くらいは聞いた事がありましたけど、具体的にどのようなものなのかまでは知らなかったですよね。さすがに錬金術とか魔法のようなものなんだろうなとまでは思っていませんでしたけど、リスクのあるものだという事くらいは弁えていました

ただ、やっぱりお金への執着心なんですかね(苦笑)宝くじとかロトとかも好きだったんですけど、株取引の場合自分の見る目とかタイミングとかも大切になるじゃないですか。その部分でギャンブルではなくて「自力」って感じがしていたんですよね。だから株を始めたいって思っていたんです。

何となく始めたいって持っていたんですけど、でも思っているだけじゃ始められないですからね。そこでようやくというか、第一歩を踏み出そうと。とにかくいろんな事が起きました。振り返ってみると、株取引を行わない方が良かったのかもって思った事は一度や二度ではありません。何回も思いましたし、何回も「デイトレーダーの才能あるかも?」って思った事もありました。

いろんな経験をする事が出来ましたけど、株取引は基本的に自己責任だって事ですよね。解っている事ではあるんですけど、この言葉は本当に実感させらる事になりましたよね(苦笑)

準備段階!

株取引を行うためには証券口座を開設しなければならないって事くらいは知っていたですが、実際には証券口座は開設していなかったんです。だからまずは証券口座の開設からですよね。

自分のメインバンクが証券部門も開設してくれていたのは知っていたのでそこにしようと。ポイントサービスもあったため、あまり深くは考えていなかったですね。取引手数料とかのプランもいろいろとあったんですけど、いきなり自分がどんな株取引を行うのかなんて解らないですよね。だからとりあえずまずは証券口座を開設しようと。

申し込みはインターネットから簡単に行えたんですよね。書類が届くまで一週間くらいかかるってあって。書類が届くまでは株式チャートを見てあれこれ「予習」していましたよね(苦笑)自分がどんな株取引を行うのか。自分自身でもよく解っていなかったんですけど、とりあえず「儲けたい」って気持ちは物凄くありました。

ただ、リスクがあるのも解っていましたから、とにかく慎重に行おうと。自分に株取引が出来るのかどうかって不安よりも、儲けたいって気持ちの方が上回っていましたよね。資産運用って言えば聞こえは良いかもしれないですけど、この時はいろんな事を想像していました。

もっと広いマンションに住もうとか、会社を辞めようとか、高級外国車を購入しようとか、とにかくいろんな事を想像していました。想像というよりも、むしろ妄想ですかね(笑)それはそれで楽しい時間ではあったんでしょうけど。

ついに開設!

ついに証券口座が開設されました。かなりドキドキしましたよね。何が変わったって事はないんですけど、それでも自分が株取引を行える権利を得たと思ったら、やっぱり特別な気持ちですよね。

証券口座へは、スマートフォンからの操作でお金を入金する事が出来たんで、これを活用しました。ただ、やっぱりいきなり大金を入れるのは抵抗があったんで、まずは5万円入れました(苦笑)

実は購入しようと思っていた株が350円だったんです。これが伸びるのではないかと言われていたので、最低単元100のこの株を買おうと。とりあえず5万円入れて、まずはこの株を購入したんです。購入してしまえば呆気ないものなんですよね数字を入力して、取引成立を待つだけですからね

ただ、この操作がちょっと楽しかったんですよね(笑)それであと45万円追加したんです。合計50万円ですね。これ以上はもう追加しないって決めていたんです。
この50万円をどうやって増やしていこうかと。とりあえず350円で100株、とある電力株を購入。そして370円の最低単元が1,000株のとある自動車会社の銘柄を購入。

どちらも最低単元ずつではあったんですけど、株取引が新鮮だという点で、ちょっと楽しかったんですよね。買えるか買えないかは抜きにして、株式チャートはよく見るようになりましたよね。自分が購入した株はもちろんですけど、動きを見て、どの株が動いているのかとか。無知なりに、それはそれで楽しいものでした。


チャートから稼ぐ売買のタイミングが見える眼から鱗のテクニック